サンダルウッド・オーストラリア

アロマテラピー検定でも試験範囲のサンダルウッド・オーストラリア。おなじみのサンダルウッド・インドがあるのに、なぜオーストラリア産が最近、登場したのか? またその香りの違いなど、ご説明します。

サンダルウッド・オーストラリア

学名 Santalum spicatum
科名 ビャクダン科
心材から水蒸気蒸留で採油

アロママッサージオイル サンダルウッド・オーストラリア

オーストラリア原産の高木です。心材(しんざい)とは、木の中心から中心付近を指しますが、茶褐色の心材に香りを含んでいます。これを蒸留してエッセン シャルオイル(精油)を採ります。どろっとした粘性のあるオイルで、薄い黄色をしています。サンダルウッドのうしろに「オーストラリア」とついているとい うことは、他の種類もありそうですね。

サンダルウッド・オーストラリアの特徴


もともとサンダルウッドといえば、日本では白檀(ビャクダン)で知られています。お線香や扇子など和のティストを感じさせる香り。これはもともとインド産のためサンダルウッド・インドと呼びます。

さかのぼれば古代から大人気のインド産サンダルウッド。宗教関係や建築物、香りものと、広きに渡って人気を博し、たくさん使われてきました。そのため木が 減ってきています。その代わりとして香りが似ている「サンダルウッド・オーストラリア」つまり、オーストラリア産の流通量が近頃、増えてきています。

ちなみに、まだインド産も販売されています。価格はインド産もオーストラリア産もあまり変わりないか、若干、インド産が高いようです。

サンダルウッド・オーストラリアの香り


甘く、重厚感のある香りです。温かみの中にもグリーン調が見え隠れ。似てるとはいえ、インド産と比較すると、よりシャープさが強い印象です。ですが、ブラインドで香りを試すと判別できない人もいると思います。

インド産の代用というとネガティブンなイメージがありますが、オーストラリア産が劣っているわけではありません。これも貴重なエッセンシャルオイル。違う種類として選択肢に加えてみてくださいね。

サンダルウッド・オーストラリアの効能と活用法

 

深いリラクゼーション体験を、疲れた夜や焦る気持ちなどで落ち着かないときに、お肌に塗ってみましょう。香りもほのかに残ってゆっくりと眠れます。


ブレンドオイルの作り方


ホホバオイルなどキャリアオイル大さじ1杯にサンダルウッド・オーストラリアを1~2滴入れてよく混ぜれば完成。
デコルテ、首筋に塗れば、香りが鼻によく届きます。睡眠中にじわじわ、鼻から香りが入りますよ。


喉の不調に


せきをはじめ、喉の不調の改善に役立つと古くから言われるので、乾燥で喉がイガイガするときはディフューザーでお部屋に香りを広げましょう。


サンダルウッド・オーストラリアのオススメのブレンド

サンダルウッド・オーストラリア&イランイラン

花の香りとのブレンドは、濃厚さが強調されます。まろやかで、やや官能的な香りにも感じられますよ。

サンダルウッド・オーストラリア1&ベルガモット2

サンダルウッド・オーストラリアの香りは柑橘系と合わせると軽めに感じられて、グリーンなティストが引き出されます。比較的、受け入れやすいブレンド。

サンダルウッド・オーストラリア1&サイプレス3

喉に良いブレンド。から咳が出るときなどに。ウッディ系同士の渋めの香り。さっぱりとして嫌味がないので、お風呂などにもおすすめ! バスタブに入れてよくかき混ぜて入りましょう。

サンダルウッド・オーストラリアは香りが持続するタイプのエッセンシャルオイルなので、使用した直後より、数時間経過したあとで、ふと、ほんのり鼻に香りが届くこともあり、とても気分がいいものです。残り香の余韻を楽しんでみてください。