アロママッサージオイル ローズ・オットー

学名:Rose damascena

バラの花

香りの特徴

ローズオットーのエッセンシャルオイル(精油)は、「エッセンシャルオイル(精油)の女王」と呼ばれ、ふかく甘い優雅なバラの高級感あふれる香りがします。

歴史・エピソード

ローズは、香りの女王と呼ばれ何世紀にもわたって人々を魅了してきました。古代エジプトの女王クレオパトラもローズ をこよなく愛したことで有名で、毎日バラの花びらを浮かべたバラ風呂に入り、シーザーやアントニウスが宮殿に訪れたときには、廊下や寝室に花びらを敷きつ め恋の虜にしてしまったといわれています。またローズは、愛と清純さの象徴とされ、結婚式では幸せな結婚生活がおくれるように願い、ローズの花びらがまか れていました。10世紀にアラブの医師アウィケンナ(イブンシーナ)が、水蒸気蒸留法を発明したときに最初に蒸留されたのがローズであったといわれていま す。ローズのエッセンシャルオイル(精油)は、溶剤抽出法か水蒸気蒸留法で抽出されますが、溶剤抽出のものをローズアブソリュートとよび、ダマスクローズ(学名Rese damascena)から水蒸気蒸留抽出されたものをローズオットーと呼びます。中でもブルガリア産のダマスクローズ(学名Rese damascena)から抽出されるローズオットーのエッセンシャルオイル(精油)が最高品質のものとして知られています。